ガイド】日本の史跡を巡る27 箕輪城・茅野遺跡耳飾り館 久田巻三

 平成5年11月22日(月)の日経新聞朝刊に、「縄文の里にようこそ」という見出しで、群馬県榛東村にある茅野遺跡の耳飾り館の賑わいぶりが紹介されていた。さっそく104で電話番号を調べて問い合わせてみると、ちょうど開館1周年記念特別展示をやっているとのこと。明日は勤労感謝の日だ、しめしめ。
 赤羽8時50分発の快速アーバン号に乗って高崎で降りる。行きがけの駄賃にまず箕輪城に向かった。前から行ってみたいと思っていた国指定史跡だ。
 10時35分発の箕郷(みさと)行きに乗って30分、終点1つ手前の本町で降りる。そこから小学校に続くゆるやかな坂を15分ほど登っていくと、大手尾根口と書かれた城への登り口に到ることができた。ちょっと分かりにくいが、バスの運転手が降りぎわにわざわざ地図まで書いて説明してくれたので、迷うことはなかった。
 うっそうとした杉木立の中を、左手眼下に空堀などを眺めながら登ること10分ほどで二の丸に到着した。二の丸の手前には郭馬出しと呼ばれる小スペースがある。囲いの中に兵が隠れていて、敵が来たときには一気に討って出るというわけだ。
 二の丸・本丸とそれ以外の郭とは、大堀切と土橋によって仕切られている。深さ10m以上もある空堀の上を、わずかに細い土橋が架かっているだけである。このような城を一城別郭の城と言うらしい。片方が落城しても、もう片方で戦闘続行できるということで、戦国初期の城の特徴をよく表している。
 案内板に従って、本丸の縁を迂回し、北端一番奥まで行ってから本丸に登る。本丸跡は今は桑畑になっていて、昔を偲ぶよすがもない。広さは隣の御前郭も合わせるとかなりのものである。サッカー場とまではいかないが、その半分位はあるだろう。いざというときは数千の兵を収容できたのではないか。
 説明が遅れたが、箕輪城は戦国時代初期に西上野で勢力を誇った長野氏の居城である。関東平野の北端、榛名山の南麓、平野と山の境目に築かれたいわゆる丘城である。二の丸に立つと関東平野が一望のもとに見渡せる。かすかに太田の金山城(これも国指定史跡)も望め、きっと支城ネットワークが形成されていたに違いない。
 長野氏は終始一貫して山内上杉氏に属して各地を転戦したが、時代の波にあらがうことはできず、結局1561年になって甲斐の武田信玄に滅ぼされてしまった。落ち目の山氏内に対する愚直ともいえるほどの忠誠ぶりは、戦国の世にあってははなはだ貴重だ。
 その後、箕輪城は滝川一益、北条氏邦と城主を替え、徳川の世になってからは井伊直政12万石の中心地となったが、高崎城ができてからはまもなく廃城の浮き目に会ってしまった。
 帰りは搦手口より下り、東明屋というバス停から伊香保温泉行きに乗って、耳飾り館に向かった。
 実は当館に電話でアクセス方法を尋ねたところ、バスの便はないので新前橋駅からタクシーで来てくれと言われた。地図を見ると往復で1万円はかかりそうだ。冗談じゃない。しつこく最寄りのバス停を聞き出すと、榛東村役場から徒歩40分ということであった。(実際は村役場の一つ先の倉海渡が最寄りのバス停) しかし、この40分がしんどかった。かなりの上り坂である。昼食後ということもあって、冬とは言え、澄んだ空気を突き抜けてくる直射日光を浴びて、全身から汗が吹き出した。
 入場料500円也を払って中に入るとなかなかの盛況である。各展示室に説明員が付いて大勢の来館者に対して熱心に解説をしてくれていた。耳飾り館は、茅野遺跡で577点という大量の土製耳飾りが出土したことから、それを収蔵するテーマ館として1年前にオープンしたものである。
 出土した耳飾りは国の重要文化財に指定されている。直径3cmから9cmの円形で、中には見事な透かし彫りを施したものもある。吊るすような紐は付いてないことから、直接耳たぶに穴を空けて埋め込んだものと思われる。それにしても対になるものが一つもないのはどういうわけか。まだ未発掘の耳飾りが2000点ほど土中に眠っていると推定されているので、その中にペアがあるのか。それとも何か呪術的な意味があって同じものを作っていないのか。
それともう一つ謎がある。縄文時代これだけ盛んであった耳飾りが、弥生時代になると全く姿を消してしまうのである。単に習慣を異にする民族が入れ替わっただけなのか。それとも別の理由があるのか。弥生は、環濠集落からも分かるように戦争の時代である。とてもおしゃれなどに気を使っている余裕などなかったのであろうか。
 この耳飾り館には世界各国から収集された耳飾りが展示されている。もちろん世界初の耳飾り専門館である。こうしたユニークな試みはもっとなされていいと思う。既に5万人もの人がここを訪れたというのは伊達じゃない。
 帰りに耳飾り館から徒歩15分ほどの茅野遺跡に寄ってみた。先日(11月19日)国の史跡に指定されたばかりのほやほやの遺跡である。だが、残念なことに今は埋め戻されて、その上を牛がたむろしているばかりであった。やはり、発掘時に見ておかなければどうしようもない。こうした遺跡発掘時の現地説明会等のホットな情報はどうすれば得られるのであろうか。知っている人がいたら是非教えて頂きたい。
 帰路、今度は前橋行きのバスで群馬総社に出た。ここは古墳銀座として有名なところであるが、ついでなので、駅近くにある二子山古墳を見てきた。ちょっと得した気分である。6世紀末築造、全長90mの前方後円墳で、昭和2年国の史跡に指定されている。
 今回は、交通の便が非常に悪いにもかかわらず、割りと短時間でかつ安価に回れたと思う。モータリゼーション全盛の世の中であるが、エコロジー派の私としては、今後も足で稼ぐという今のスタイルを愚直に継続していきたい。

ホームへ戻る