ガイド】日本の史跡を巡る67 箱根旧街道 久田巻三

 平成11年12月23日、箱根八里旧街道踏破の日帰り旅に出ました。
 新宿からロマンスカーに乗って、箱根湯本に着いたのが9時ちょうどであった。駅道路向かいの観光案内所で地図を入手し、いざ試合開始。今日は頂上の箱根関所がゴールだ。
 まず、徒歩10分ほどの町立郷土資料館に向かう。200円を支払って中に入ると、箱根八湯や旧街道の展示解説が充実していた。箱根の旅のオリエンテーションとしてはまあまあだ。
 さらに徒歩10分ほどの早雲寺は、禅寺らしく落ち着いた雰囲気を醸し出していた。だが、内部は一般には公開していないらしい。拝観謝絶の看板に圧せられ、一礼だけして後にした。
 徒歩5分ほどの正眼寺の地蔵様を拝んでから、もう一度湯本の温泉街に下る。玉簾ノ滝を見に行くのだ。大型ホテルの裏手にあるのだが、誰でも入ることはできる。
 細い糸のような流れが幾筋も岩を伝わって落ちてくる。まさに名前の通り優美な滝だ。箱根火山が爆発して流れ出た溶岩がやっと冷えて固まったのが、この場所である。その溶岩の縁が今では滝になっているのだ。
 なんやかんやで10時を過ぎてしまった。さて、いよいよ箱根越えの急坂に挑むことにする。
 15分ほど登ると、最初の観音石畳が現れる。幅2mほどの山道が255m続いている。この部分は国の史跡(昭和39年)に指定されている。自動車道路から外れて緑の中を歩くのは、本当に気分がホッとする。
 石畳の出口は、箱根観音だ。社殿は近代的な建物なので、有難味に欠ける気がするが、一応お参りしてから再出発。
 途中、また国指定史跡の石畳の道に入る。大澤坂と呼ばれているが、箱根の石畳の中で、昔の姿が最もよく残った部分である。特に縦排水路と斜排水路がはっきり残っている。前者は、石畳の道の両側に縦に掘られた排水路である。また、後者は、石畳自体の配石が斜めになっていて、道を横切って水を流す工夫である。近くに説明板が立っているので、見逃す心配はない。
 正午ちょっと前に畑宿に着いた。まだ行程の半分もこなしていないが、かなりへたばったので、ここで昼食を取ることにした。とろろ蕎麦を汁まで全部飲み、暖まったところで試合続行。
 ここ畑宿には、本陣が置かれていて、幕末維新の頃にはハリスや明治天皇も泊まったという。今は建物は残っていないが、裏手にちょっとした日本庭園が残っていて、旅の疲れを一時忘れさせてくれる。
 畑宿の石畳道の始まり部分には、一里塚が復元されていた。直径10mほどの土盛りが道の左右に並んでいる。まだ、工事が終わったばかりという感じだ。
 急な坂が続く。あちこちに霜柱が立っているので、気温は0度近いのだろうが、汗がうっすらと額に浮かぶ。途中の西海子坂の石畳にも、先ほど見た斜めの排水路があった。
 最後の急坂を登り切ったところが親鸞上人ゆかりの笈の平である。浄土真宗の開祖は、東国での布教を終え、弟子2人と一緒に京都に戻る途中、この地から来し方を振り返り、「自分たちが関東を離れてしまったなら、いったい誰が東国の民衆を教え導くのか。」と嘆息し、その場に泣き伏してしまった。それを見た弟子たちが、師の意を汲んで再び来た道を引き返していったという言い伝えである。
 14時、甘酒茶屋に到着。すぐに一休みしたいところであるが、その前に隣接する旧街道資料館に寄った。入場料70円也。写真展示が主で、特に目玉はなかった。
 400円の甘酒は絶品であった。砂糖を一切使わない自然の甘みということだが、生き返った。
 さー、最後の一踏ん張り。権現石畳を過ぎると道はやがて下りになり、芦ノ湖が見えてきた。さらに下りきると、湖畔の杉並木である。420本の巨木が延々と連なっている。もちろん国の史跡に指定されている。
 湖に下りると、遠く対岸に富士山が白い姿を浮かべている。箱根神社の鳥居の赤と湖の青と、本当に素晴らしいコントラストだ。
 さらに杉並木の旧街道を歩き、ついにゴールの箱根関所跡に到着した。ジャスト15時である。よくぞよくぞ、あんたはエライ。
 300円を支払って、敷地の内部を一周する。「入り鉄砲に出女」と言われるように、ここでの詮議は厳しかったのであろう。人見女の老女や吟味の役人の人形が所々に据えてあって臨場感を出している。
 隣には、関所資料館もあって、通行手形や駕籠などの展示も見られる。忠臣蔵でお馴染みの大石内蔵助が自署した宿帳などもあった。
 陽も傾いてきて、寒くなってきた。山を下ることにしよう。両足の感覚が無いくらい疲れ切っているが、6時間ぶっ通しで登り終えたことは、大いなる自信につながった。東海道はこの先も京都まで続いている。三島まではハイキング道もあるようだし、この続きは来春また暖かくなってからに持ち越したいと思う。その時まで、再見。

ホームへ戻る