ガイド】日本の史跡を巡る161 瀞八丁・南紀周遊 久田巻三

 平成25年2月27日、特別名勝36件のうち、最後まで未見として残っていた瀞八丁を見るため、東京から一泊二日で和歌山県に出かけてきました。

 というのも、先月、熊野交通のホームページで、「復興1周年記念−瀞峡ウォータージェット船半額キャンペーン」を見つけてしまったことによる。2月末までの期間限定だ。

 特別名勝については、一昨年秋に35件目の三段峡に行ってから、全件制覇までリーチがかかっていた。マイルも貯まっていることだし、ここでやっつけてしまおう。

 11:20羽田発JALに、シュウマイ弁当を買って乗り込む。

 12:40南紀白浜空港着。東京からずっと雨雲の上を飛んでいたが、白浜上空で雲が切れた。一転、こちらはいい天気のようだ。

 レンタカーを借り、いざ出発。今日は、田辺市に散在する史跡を網羅してから、紀伊半島を南下し、勝浦温泉に泊まる。明日は、瀞八丁を見てから、昼過ぎに、また空港に戻る。

 まずは、空港のすぐ北にある鳥巣半島の泥岩岩脈に向かう。天然記念物である。カーナビには、民宿ひろはた0739−25−0352を入れるといい。

 液状化した泥岩層が吹き出して固まったものだ。幾筋も海に向かって並んでいる。500本以上あるそうだ。干潮の時だけ、約1.5kmにわたって見られる。

 実は、出発日を今日に決めたのは、干潮の時間が12:49だったからである。ちょうどいい日が他になかった。きょうび、気象庁のホームページで、全国各地の干潮・満潮の時刻が調べられる。便利な世の中になったものだ。

 快晴であるが、風が強い。通過したばかりの低気圧に、西風が吹き込んでいるのだろう。ゴーグルを持参し忘れたのは、大きなミスだった。後々大いに後悔することになる。

 沖合の田辺湾内に神島が浮かんでいる。天然記念物である。上陸禁止なので、ここから眺めるしかない。暖地性の植物が繁茂している。保護活動に奔走していた南方熊楠が、昭和天皇を案内したところだ。

 北上し、磯間岩陰遺跡に向かう。国指定史跡である。カーナビには、ガーデンホテルハナヨ0736−26−0874を入れるといい。

 田辺市内に入ると、渋滞にはまってしまった。空港があるくらいだから、意外に大きな町なのだろう。

 5kmの道のりを30分以上もかかって、やっと遺跡の近くに着いたが、場所がわからない。ホテルの北100mの東側にあるはずなのだが。車を停めて、歩いて探し回り、10分ほどウロウロして、ようやく入口の小さな標識を見つけた。民家の間の、人一人がやっと通れる細道を奥に進むとあらわれた。

 磯間岩陰遺跡は、幅23m、奥行き5mの海蝕洞窟である。石室8基と火葬跡5か所が発見されたというが、今は落下した砂に埋もれていて識別できなかった。

 市西部にある高山寺貝塚に向かう。国指定史跡である。高山寺0739−22−0274は、カーナビに入っていた。

 駐車場脇の石段を登ると、多宝塔があらわれた。落ち着いた感じのシックなお姿で、パンフレットにも使われている。

 貝塚は、西の台地上にあったのだが、今は埋め戻されて、石碑のみが立っている。縄文時代早期の貝塚という。境内には梅が咲き誇っていた。紀州は梅の産地だ。

 市東部にある三栖廃寺塔跡(みす)に向かう。国指定史跡である。カーナビには、住所「田辺市下三栖」を入れる。近づくと、道路に標識があり、迷うことはなかった。

 9m四方の瓦積みの基壇が復元されている。白鳳時代(8世紀頃)の創建で、法隆寺様式の伽藍を有するという、大変古い寺院だ。

 基壇上には、礎石が並んでいるが、本物かどうかはあやしい。

 中央の塔の心礎は本物だ。直径60cmの真円があいていて、水が溜まっていた。

 これより、田辺市内を離れ、一気に紀伊半島の西岸を南下する。この時点で、予定より1時間近い遅れだ。

 国道42号をしばらく富田川に沿って進む。ここは、オオウナギ生息地で、天然記念物に指定されている。富田川は北限に当たるようだ。

 30分ほどで、稲積島暖地性植物群落(いなづみじま)に到着。天然記念物である。周参見駅入口の次の信号を右折すると、堤防で行き止まった。白い岩肌の上に、南国の木々が生い茂っている。

 周参見湾に浮かぶ周囲1kmの小島で、堤防でつながっているが、高くてとても登れない。上陸には許可が必要である。写真だけ撮って戻る。

 さらに20分ほど南下し、江須崎暖地性植物群落に向かう。天然記念物である。エビとカニの水族館0739−58−8007に駐車場があり、そこから遊歩道が続いている。

 5分ほど歩くと、目の前が開けた。橋で陸続きの周囲3kmの小島が眼下に見える。繁茂した木々は、やはり黒潮洗う南国という感じだ。入口に鳥居が見える。江須崎明神(春日神社)が島内に鎮座しているという。古来より神として崇められていたのだろう。

 下りてから、また登って帰るのは大変そうだし、時間も押しているので、遠望だけにして上陸は諦める。

 42号から内陸に折れて県道39号に入り、、古座川の一枚岩に向かう。天然記念物である。カーナビには観光物産センター07357−8−0244を入力する。すれ違い困難な箇所が所々にあったが、対向車はなかった。

 古座川の一枚岩は、高さ150m幅800mという、圧倒的迫力である。コバルト色の古座川とマッチして、ありえない景観だ。

 さらに山奥に進み、ボタン岩を経由して、高池の虫喰岩に向かう。天然記念物である。カーナビには入ってなかったが、古座川町役場前を北へ左折すれば、道沿いにある。

 流紋岩質凝灰岩が風水食を受けて、虫食い状態となったようだ。高さは60mあり、先ほどのボタン岩の親分だ。

 紀伊半島東岸に出て、再び国道42号を走り、下里古墳(しもさと)に向かう。国指定史跡である。

 下里の信号を右折して300m、下里駅の北200mにある、はずなのだが、見つからない。その場所には、広い墓地があるだけだ。全長約50mの前方後円墳で、周囲に溝、葺石を伴うので、目立つはずなのだが。

 さんざん探し回ったが、わからなかった。ついに日没の17:50になってしまった。諦めて、今宵の宿である勝浦温泉に向かう。

 当初の予定では、那智大滝にも行くつもりだったが、断念する。あと30分もあれば見られたのに。しょっぱなの田辺市内でのロスが大きかった。

 那智大滝は、名古屋での友人の結婚式の帰りに、熊野三山を回った際に見ている。その時は、体が打ち震えるほどの感動を覚えた。熊野信仰の原点がこの滝にあることは、国宝那智滝図からもよくわかる。都の貴族が、常にそばに置いて礼拝したという。

 ところで、人生の中で、体で感じた超絶の景色が、ここを含めて3つある。最初は、高校生の時に、篭坂峠から見た富士山だ。無謀にも自転車で富士山に登ろうと、近所のダチとともに朝一番で出かけたのだが、近づくにつれて登りがきつくなり、峠を登り切ったところでついにギブアップ。その瞬間、目に飛び込んできた巨大なフォルムに、茫然自失して立ちすくんだのを覚えている。

 あと一つは、20代の時に見た、乗鞍岳の紅葉だ。秋の高山祭の帰りに、乗鞍スカイライン(現在は自家用車通行禁止)で、3000mの頂上に登り、帰りに一般道で松本に下りたのだが、その途中での景色である。上下左右360度、山が燃えているのだ。

 年を取ると、感動する力が衰えるのか、それ以降はそんな経験はない。さて、閑話休題。翌日分のカーナビを入力してから、チェックインする。

 部屋の窓を開けると、すぐ海で、手が届きそうな近さだ。波静かな勝浦湾を囲むように、巨大なホテルが建ち並んでいる。温泉は、38度の塩化物泉である。ぬるめが好きな自分にはちょうどいい温度だ。今日の万歩計は7000歩。走行距離132km。

 平成25年2月28日(木)、07:30宿を出発。今日は、北上して新宮市、熊野市の史跡を網羅後に反転し、瀞八丁を船で遊覧してから、また白浜に戻る。

 那智勝浦新宮道路(8.9km)という、地元有力政治家の力を如実に示す無料高速道路を通り、新宮市に向かう。

 新宮城跡附水野家墓所は、市南部にある。国指定史跡である。新宮高校073−522−8101の向かいの細い道を入ると、すぐに駐車場がある。

 5分ほど登ると、うっそうとした林の中に、初代〜十代の墓石が林立していた。高さは、どれも2mくらいだ。

 水野家は、紀州徳川家の付家老ではあるが、城持ち大名並の扱いを受けている。このような例は、江戸時代で他に2つあるという(それが何かの説明書きはなかった)。

 市内中央にある新宮藺沢浮島植物群落(いのそ)0735−21−0474に向かう。天然記念物である。開場は9:00〜なので、外観だけ写真に撮る。寒暖両性の植物の混生群落ということだ。

 国指定史跡新宮城跡は、カーナビには丹鶴城公園で入っていた。石垣だけが残っている。大手口から写真だけ撮って先に進む。

 熊野速玉神社のナギ0735−22−2533も見ておこう。天然記念物である。

 こんもりと繁っている。高さは20mあり、ナギとしては日本一である。樹齢は約800年という。平重盛の手植えと伝わるがどうか。

 熊野速玉神社は、先述したように、以前訪れているし、宝物館では国宝の古神宝類も見ている。参拝だけして、熊野市に向かう。

 世界遺産を構成している七里御浜(しちりみはま)を経由する予定だったが、カーナビが山側の道を選択したことに気付かなかった。これが運の尽き。

 なんと途中で通行止めとなっていたのだ。さらに内陸に大きく迂回しなければならず、30分近いロスになった。

 ようやく海岸添いの国道42号に戻り、熊野市南部の花の窟に至る。世界遺産である。

 高さ45mの岩が御神体である。白い岩肌がむき出しになっていて、荒々しさを感じる。日本書紀にも記されている日本最古の神社という。日本人の信仰の原点ということだろう。

 すぐ北に獅子岩がある。熊野の鬼ケ城附獅子巖として、天然記念物及び名勝に指定されている。もちろん、世界遺産も構成している。

 その名の通り、ライオンが大きく口を開けているように見える。地盤の隆起と海蝕現象によって生まれた、高さ25m、周囲210mの奇岩だ。

 市北部にある名勝鬼ケ城へは、鬼ヶ城トンネルを出てすぐに右折すると、観光センタの駐車場がある。

 遊歩道を行くと、大きな岩がいくつも海に突き出している。征夷大将軍坂上田村麻呂による鬼退治伝説の地だが、関係はないようだ。荒々しい地形が、命名の由来なのだろう。

 帰りの車窓から、七里御浜(しちりみはま)が一望できた。弓なりに22km続く、日本一長い砂礫海岸である。巡礼道として世界遺産になっているので、写真を撮りたかったが、時間に余裕がなく、そのまま通り過ぎた。

 熊野市より、国道311号に入り、紀伊山地に突入する。途中にある赤木城跡は後回しにし、ジェット船の乗船場である小川口に急ぐ。09:55〜14:55の間、1時間毎の出発なので、こちらを優先する。

 カーナビには、住所「三重県熊野市紀和町小川口」を入力する。311号の瀞大橋手前の北側の河原が乗り場である。09:55の5分前に到着した。ギリギリセーフ。係員が一人立っていて、携帯で船に連絡してくれた。

 ジェット船の発着は、以前は下流にある志古のドライブインだったのだが、最近になって、途中の小川口からも乗れるようになった。料金は、志古往復3340円、小川口往復が2200円である。それが、2月末まではキャンペーンで半額だ。

 定員48人に10名ほどが乗っている。流れはゆるやかだが、途中の大瀬という場所だけは、波立っており、船はしぶきを上げて疾走する。

 瀞八丁の入口である下瀞に近づくと、船の屋根がスライドして開けられた。これで、両岸の山のてっぺんまで見れる。

 風が気持ちいい。今日の新宮市の最高気温は15度の予想で、2月とは思えない暖かさだ。真冬だと風に当たるのはちょっとつらいが、今日はラッキーだ。

 だが、問題が一つある。杉花粉だ。東京では何ともなかったのだが、こちらに来て発症したようだ。今日も「非常に多い」という予報で、ゴーグルを忘れたことがうらめしい。マスクだけでは片手落ちなのだ。昨夜も、鼻が詰まってよく眠れなかった。

 15分で、下瀞に到着。ここからの1.2kmが瀞八丁として、特別名勝及び天然記念物に指定されている。

 右に左に奇岩怪石のの連続だ。まずは、左岸に夫婦岩という2本の巨岩があらわれる。

 亀岩は、よく見れば、頭と胴体に分かれている。

 屏風岩は、まさに屏風を広げたように、白い岩がそそり立っている。

 寒泉窟は、縦に細長い洞窟で、夏でも冷気が漂っているという。

 今度は、右岸にとさか岩だ。たしかに、緑をのせた頂上が、鶏のとさかに似ている。

 大きく右にカーブを切るコーナーにある大黒岩のあたりが、水深24mと最も深いところだ。水も緑色が濃い。

 約5分のエクスタシーの後、田戸の船着き場に到着した。20分間のトイレ休憩である。あらためて、のぼって来た方を振り返ると、すごい峡谷であることがよくわかる。

 ここは奈良県側になる。和歌山、三重、奈良の3県の県境にある瀞八丁は、まさに秘境だ。特別名勝制覇のオーラスになってしまったのもむべなるかな。

 船は、さらに上流の上瀞に向かう。すぐ先の望月岩の手前のつり橋には、流木が引っ掛かっていた。高さ20mくらいの所だ。一昨年の集中豪雨の猛威が、想像を絶するものだったことがよくわかる。志古のドライブインも壊滅した。しかし、奇跡的に船だけは全て残ったという。再開にこぎ着けられて本当によかった。

 獅子岩を見てからUターンする。ライオンが大きく口を開けている。

 上瀞遊覧は2分ぐらいだった。この先の上流は、浅瀬になっていて船は進めないようだ。母子の滝を見てから、船は帰途につく。

 11:00過ぎに小川口に戻った。船長に礼を言って下船する。これで特別名勝全36件制覇。中学生の夏休みに、友達4人で高松の栗林公園を訪れて以来、営々と積み重ねてきて、ついに今日を迎えることができた。感慨無量!

 さて、来た道を少し戻り、赤木城跡及び田平子峠刑場跡に向かう。国指定史跡である。カーナビには、「熊野市紀和町赤木」を入力する。道路に案内表示があって、迷うことはなかった。

 駐車場からは、もう城壁が見えている。登っていくと、横長の本丸の城壁が全貌をあらわした。

 大手門から本丸の中に入る。門の石垣の中の構造がわかる。この城は、築城当時の状態が残っているという。戦国期の数少ない遺構である。

 本丸の広さは、テニスコート2面分くらいだ。わりと小さな山城である。

 豊臣秀長の家臣であった藤堂高虎が築城したものだ。なんで、こんな辺鄙な山奥に城を構えたのだろう。ここは、伊勢、紀伊、大和の国境である。大和大納言秀長が、敵対勢力に備えるために、境目の城として重視したと思われる。

 田平子峠刑場跡がわからなかったので、駐車場にいた地元の人に尋ねてみた。城から西へ2kmほど行って、突き当たり右側のところにあると教えてくれた。

 田平子峠の石碑があったが、史跡ではなさそうだ。さっきの人の言に従えば、峠脇の広場が刑場跡のようだ。

 これより、一気に空港に戻る。距離は90km、所要2時間を予定している。

 すぐ近くの丸山千枚田を写真に収める。1340枚と日本最大ということだが、見られたのはほんの一部だ。

 あとはノンストップで、311号をひたすら西に走る。本宮町までの20kmほどは、狭隘な山道が続くが、その先は快適に飛ばせる。

 計画では、途中にある熊野本宮大社や、川湯温泉の仙人風呂(12月〜2月末日の期間限定)にも立ち寄る予定だったが、朝の通行止めのロスで、時間が無くなった。

 熊野本宮大社には、国鉄バスで回った記憶がある。南紀ワイド周遊券が有効だったのだ。途中の湯の峰温泉の風情も覚えている。つぼ湯(750円)は、温泉としては唯一の世界遺産である。

 13:30白浜空港に到着。2日間の総走行距離300km、燃費はちょうどリッター20kmだった。アイドリングストップ車の本領発揮だ。

 このあとの半日、白浜町内の史跡名勝天然記念物をバスで回る。1日フリー券1000円を、空港2階の福亀堂売店で購入する。

 13:48空港発の市内循環バスで、13:54三段壁に到着。徒歩1分で、海に突き出した黄土色の絶壁が見えた。往きに飛行機からも見たものだ。

 14:08発の熊野古道特急バスに乗る予定だったが、フリ−切符では乗れないと、往きの運転手に言われて、一本前の14:00発のバスに急ぐ。

 14:01千畳口に到着。西に300m歩いて、千畳敷に至る。円月島(高嶋)及び千畳敷として、名勝に指定されている。砂岩が浸食されて、皿が何枚も積み重なったようになっている。

 レストハウスで軽い昼食をとった後、14:31発で、14:41白浜桟橋乗り換え、14:50発で14:55江津良に到着。白浜の化石漣痕を見る。天然記念物である。

 干潮の時刻を少し過ぎた頃で、砂浜の東側に続く磯場に、しっかりと見ることができた。遠浅の海底にできた波の跡が、模様となって砂の上に残ったものだ。

 青い海、心地よい風。もう最高の気分。でも、ちょっと鼻がムズムズして、目がかゆいのが残念だ。 

 15:20発で白浜桟橋に戻って乗り換え、15:41白浜BCに到着。北へ200m歩いて、白浜の泥岩岩脈を見る。天然記念物である。数十脈が、御船足湯の傍に見て取れる。1500年前の地震によって、突き上げられたものだ。

 さらに権現崎の方へ西に200mほど歩くと堤防に突き当たるが、そこからは円月島をちょうど真横に望むことができる。中央にポッカリ穴の空いた島は、白浜のシンボルとして、ポスターにもよく使われている。先述したように、名勝である。

 帰りに、足湯に入っていた地元の人に誘われて、自分も浸かってみる。ちょっと熱めだ。四方山話のついでに、これから行く予定の崎の湯のことを聞いてみた。日本三古湯の一つだ。

 答えはネガティブなものだった。この時期は、寒くて入れたものではないという。もっといい内風呂が他にあると、いくつか紹介してくれた。

 16:01白浜BC発で、16:04白良浜に到着。夏は海水浴場として大変賑わう。海岸添いにはホテルが林立している。

 16:12発で、16:15湯崎に到着。300m南に歩くと、崎の湯の露天風呂があった。無人で、自動販売機が置いてある。料金は400円也。

 先ほどの地元の人の言で、入ろうかどうしようか迷ったが、横に回って見てみると、確かに吹きさらしである。湯船から海までは約10mしかない。一人の男性が入っていたが、やはり寒そうにしていた。

 万葉の昔から唯一残っている湯壷で、日本書紀にも記載がある。斉明、持統の両女帝も沐浴したという。町指定の史跡である。ここは入るのは諦めて、文化財として鑑賞するにとどめよう。

 16:49発で、17:05白浜駅着。明光バスの売店で、みやげを1割引で買う。フリー切符の余得だ。

 なお、フリー切符は、元の2倍分以上乗った。本数も1時間に3〜4本走っているので、まったく不便はない。

 17:23白浜駅発で、17:35空港着。夕食後、18:30JAL1386で、19:30羽田着、の予定が10分遅れ。

 今日の万歩計は12000歩。半日でもレンタカーを使わないと、結構歩く。

 当初は2泊3日で計画していたのを、1泊2日に圧縮した。そのため、渋滞や通行止め等のアクシデントで、すでに訪れた場所をオミットせざるを得なかった。計画にのりしろがないのは、やはりリスクがある。

 まあ、それも致し方なしか。人生、思い通りに行くことは稀だ。ここで浮いた旅費で、また別の所に出かけよう。

  以上

ホームへ戻る