考古歴史紀行

今後開催される歴史イベント2017年11月15日号(毎月1,15日更新)

 歴史博物館・美術館特別展、寺社の特別開帳等の予定情報です。

見聞レポートへ 歴史イベントを見逃した人は、こちらの方へ。

 国宝展3、4期 京都国立博物館 NEW!
 国宝展1期 京都国立博物館 NEW!

久田巻三(ひさだけんぞう)の世界へ(史跡紀行&歴史小説)

史跡紀行 史跡の写真全5700枚をどうぞ!

 日本や世界の史跡紀行文デジタル写真付きでどうぞ。市販の旅行ガイドブックには載ってない、史跡の情報が満載。 地域別見出しへ

 但馬周遊+仙洞御所 NEW!
 東京文化財ウィーク−旧醸造試験所第一工場 NEW!
 六甲・有馬 NEW!
 ジャワ島ボロブドゥール・プランバナン・ジャカルタ

実見率国宝建造物99%(222/225);国宝美術品95%(842/885);
 特別史跡100%(62/62);特別名勝100%(36/36);特別天然記念物70%(43/61)
 重要伝統的建造物群保存地区86%(98/114);世界遺産95%(20/21);
 日本百名城100%;日本百名湯57%

歴史小説 無料公開中、御自由にどうぞ。無料化の経緯
小説「二宮尊徳スーパースター」へ−真のプロジェクトリーダの物語人気No1!
 刻苦勉励の象徴として見られがちな二宮尊徳だが、実は、荒廃した農村や傾いた商家を立て直した経営再建の神様のような存在であった。
 
彼は、多くの著作を残した思想家でもあり、まさにマルチな才能を持ったスーパースターであった。

小説「信長、世界を制す−天下統一への道(上巻)」へ歴史If小説人気No3
 天才織田信長が、本能寺の変を生き延びたとしたら、日本は、いや、世界はどう変わっていただろうか、という視点で描いた歴史IF小説の上巻。
 
光秀、家康とのせめぎ合いの中、信長は天下統一へ向かって邁進する。

小説「信長、世界を制す−世界制覇への道(下巻)」へ歴史If小説人気No3
 同下巻。
 
天下統一を果たした信長は、海外に大船隊を送って、ヨーロッパからアジアに至る海の制海権を握り、ついに世界制覇を成し遂げる。

歴史推理「邪馬台国に40の謎で迫る」−「まぼろしの邪馬台国」上映記念。
 邪馬台国はどこにあったのか。女王卑弥呼とはどんな人物であったのか。これらを推理することは、純粋に面白いし、楽しいことだ。
 素材は、たった2000文字の魏志倭人伝。それから最新の考古学上の発見。誰でも推理に参加できる。
 そこで、あなただけの邪馬台国を見つけるためのガイドを提供しようと思う。魏志倭人伝と邪馬台国は、謎に満ちている。その謎をあなた自身で解いてほしい。
 私の結論は、九州説でも近畿説でもない。それは最後に。

小説「重源上人スーパースター」へ−六十一歳からの挑戦。大仏再建への奇跡の物語。(重源上人八百年忌にちなんで)人気No2
 治承四年(一一八0)、天平の御世に創建された奈良東大寺の大仏が、平家の手によって焼かれ、大仏殿もろとも灰燼に帰した。朝廷にはこれを復興する力はない。この時立ち上がったのが、俊乗坊重源という一人の老僧である。

小説「平清盛スーパースター」へ−歴史を変えた男の生涯
 極悪非道といったイメージを持たれがちな平清盛だが、奈良、平安と続いた公家の世の中に終止符を打ち、鎌倉、室町、江戸へと続く武士の時代に先鞭を付けた、時代の変革者としての姿の方が実情に近い。
 
源氏や後白河法皇とのかけひきはもちろん、海外貿易や芸術などをも重視した清盛のダイナミックな生涯を描いた歴史小説。

 歴史小説は全体の1/3程度の章をリンクしております。もし、途中お気に入りになられて、残りすべての章を御覧になりたい場合はPDFファイルの一括ダウンロードをお願い致します。その場合、料金は各ファイル300円です。

  支払い方法及びダウンロード方法の説明へ

                      
カウンター カウンター
  1. ホームページ開設の趣旨
     日本や世界の史跡、文化財、歴史上の人物に関する「情報」は、人類の貴重な財産であり、多くの人に共有されてこそ価値を発揮するものだと思います。
     この度、これら「情報」を収集・整理し、発信して参ります。
    (写真は、日本のピラミッドともいわれる岡山県の熊山遺跡)
  2. リンク集
    個人団体のサイト集へ
    博物館美術館のサイト集へ
    寺社のサイト集へ